失敗したくない!賃貸物件を選ぶ際の重要な3ポイント


希望する条件を明確にする!

新しい賃貸物件を探す際に「家賃」と「エリア」だけで絞り込みをして失敗した経験がある方も多いですよね。賃貸物件探しをする前には、希望する条件を明確しておく事が失敗しないための最初のポイントです。駅やコンビニから近かったりペット可能だったりと人によって希望する条件は異なりますよね。条件を明確にして優先順位をつけるだけで物件選びで迷う事がなくなります。

賃貸物件で重要なのは?

間取りや日当たりだけではなく「収納」も忘れず確認しておきたいポイントの1つです。引っ越しの際に不用品を処分する方も多く、引っ越し前とあまり大きさの変わらない収納を選びがちとなります。しかし、生活をしていると物は自然と増えていくので新しい物件を探す場合には「今よりも大きい収納」がある物件にすると良いでしょう。

下見で注目するのは室内ではない?

賃貸物件を契約する前に多くの方が利用する「下見」ですが、室内ではなく「共有部」と「周辺環境」の確認が失敗しない賃貸物件選びには必須です。物件のエントランスや集合ポストの清潔さ、照明が切れていないかといった点を確認する事で「どれだけ物件が大切にされているか」把握出来ます。また、下見をした部屋の両隣のベランダを確認するだけで「害虫トラブル」に遭うリスクを抑える事に繋がります。一方、物件の周辺環境はコンビニや飲食店ではなく、近隣の駐車場に改造された車やバイクの有無を見てください。改造車があると週末や連休中に騒音に困るリスクがあるので注意してください。

苫小牧の賃貸アパートをまとめた一括閲覧サイトがあります。転勤等で苫小牧に来られる予定の方は、予めサイトで検索しておけば、すぐに希望の物件が見つかります。

どこに建てるのがおすすめ?別荘地を選ぶ際のポイント


別荘を持つ目的から考える

別荘を選ぶ際に大切なことは、別荘を持つ目的をはっきりとさせることです。理想の別荘ライフを思い浮かべてみて、適切な土地を選ぶようにすると良いでしょう。サーフィンなどのマリンスポーツを楽しみたいのなら海辺の別荘地、避暑が目的なら高原の別荘地といったように選びます。しかし、海辺なら塩害や砂の処理が大変ですし、高原では秋の落ち葉や暖房による光熱費がかかるなど、その土地ならではの弱点もあります。実際に生活してみると大変なことも多いので、体験宿泊などで別荘地の生活に触れておくのがおすすめです。スーパーなどの買い物施設の距離も調べておくと良いでしょう。

周囲の土地の環境から別荘を選ぶ

景観などの周囲の環境から選ぶこともポイントです。木が生い茂っている土地では冬になると葉が落ちてしまうので、季節によって景観が大きく変わります。事前に季節ごとの景観を確認しておくと良いですね。また、木が邪魔で景観がイマイチに感じるようなケースもあるでしょう。景観のために木を伐採することも考えられますが、国立公園など伐採が制限されている地域もあるので前もって調べておくことが重要です。別荘を維持管理するためのサービスが整っているかも確認したいポイントです。草刈りや灯油の配達、雪が多いなら雪かきなどの地域サービスはどうなっているかチェックすることをおすすめします。自宅からのアクセスも気を付けた方が良いです。行きづらい場所だとわざわざ出かけるのが億劫になってしまうかもしれません。別荘までのアクセス手段もしっかり考慮するようにしましょう。

八ヶ岳の別荘は、地元の大工さんに依頼することで建てられます。自分の希望ははっきり伝えると理想の建物に近づきます。