ブロードバンド物件なら住み始めてすぐに高速インターネットを使えるの?


回線がどこまできているのかによって違う

ブロードバンド物件と呼ばれるものは大きく分けて二つあります。まず、光ファイバーなどが建物内の設備まではきているものの、各部屋には配線されていないというものです。古くからある団地やアパート、マンションにはこうした物件が多く、回線会社に連絡をして契約を結び、自分の部屋に配線してもらうことでブロードバンドを利用できるようになります。使えるようになるまで多少手間と時間がかかりますが、ゼロの状態から光ファイバーを引き込むよりははるかに短時間で済みます。

次に、光ファイバーやケーブルテレビの回線が各部屋に配線されていて、プロバイダにも建物全体で加入しており、回線料とプロバイダ料が家賃に含まれるという物件です。こうしたところであれば、住み始めた時点でブロードバンドを利用できるようになるので、すぐにでもネットを使いたいという人にとってはとても便利でしょう。ただ、回線とプロバイダを選ぶことができないので、こだわりがあるなら個人で契約しなければなりません。

ブロードバンド未対応の物件でも

では、ブロードバンド対応となっていない物件では、ネットの高速回線は利用できないのでしょうか。これは、必ずしもそうとは限りません。場所にもよりますが、光ファイバーは日本の多くの地域をカバーしているので、対応している地域に住んでいれば、個人的に回線会社と契約して自室にピンポイントで光ファイバーを引き込む、あるいは建物のオーナーを説得して回線を引き込んでもらうことも可能です。

桑園の賃貸マンションで、賃料6万円で間取り3LDKを希望するなら、札沼線桑園駅から徒歩圏内で物件が見つかります。