別荘付近の森林を歩くと様々な体験ができる!


一等地の別荘も中古なら安く買える

軽井沢・富士山周辺エリアなど人気が高い別荘地には、1980年代のバブル期にたくさんの別荘が建てられました。2010年代に入ってそれらの物件が築30年以上経過するようになり、中古の小さな物件であれば破格の値段で買えるようになってきています。高原地帯とは夏でも気温が低いほか、森林内とは直射日光があたらない関係で体感気温も下がりますので、良い中古物件を買って夏場は高原地帯で過ごすのはどうですか?

高原地帯の森林内を歩く事の魅力

標高が低いエリアと高いエリアの森林には、気温の違いのほかにも幾つかの違いがあります。まず、市街地に近い平地の森林内には珍しい野生動物がほとんど生息していない上に希少性の高い樹木や草花を見つけられる可能性は低めです。一方、標高1000m以上あるような高原地帯の森林内には、ウサギ・キツネ・リスから二ホンジカ・カモシカといった大きなものまでたくさんの野生動物が暮らしています。つまり、天然の動物園のような側面があり、長時間森林内を歩いていると様々な動物を間近でみることが可能です。また、標高の低い場所には生えていないようなものも含めて、歩いていると様々な植物や花を近くで観察できるため、天然の植物園のようなところもあります。

キノコ狩りも体験できる

それではではありません。平地の森林内にはほとんどキノコが生えることはありませんが、高原地帯の森林とはキノコが育ちやすい条件が揃っています。そのため、メジャーなものからマイナーなものまであらゆるキノコを間近で観察できますし、きちんとした知識を持っている人なら収穫したものを食材として利用する事も可能です。是非、秋に別荘付近で森林浴をする際は、キノコ観察・キノコ狩りも楽しんでみてください。

別荘を持ちたいと思っても自分で建てるのはとってもお金がかかります。中古の別荘なら新築よりもずっと安くて結構設備もしっかりしているものも多いからお得ですよ。