間取りが変わると快適性に違いが出るの!?注文住宅ならではのポイント3選


耐震等級3を維持しつつ希望の間取りを叶える工法

地震大国として知られる日本は、いつ大きな揺れに襲われるか分からない状態が続いています。家族の生命と財産を守るためにも耐震等級3を満たした建築工法を選ぶと良いです。間取りの自由度では鉄骨軸組工法が優れていて繰り返し発生する地震に対しても強いと考えられています。一方、ユニット工法ならば間取りの制限はあるものの全体が崩れる心配が無い点が魅力です。建築費用を予算内に収めつつ希望の間取りを叶えることが出来る工法選びを行えば、満足した家造りとなります。

窓からの日差しが多く入るほど熱も逃げる

注文住宅を建てるからには、間取りを工夫して窓からの日差しが多く入る家造りを目指したいと考える人が少なくありません。しかし、ペアガラスにして断熱性能を高めない限りは、窓が大きく日差しがしっかり注ぎ込むほど熱も逃げてしまいます。全ての部屋の日当たりを良くすることを考えるよりも、断熱性能とのバランスを考えてメリハリのある間取りを心掛けると良いです。

個別空調と全館空調システムのどちらを採用するか

住宅メーカーのラインナップには、高気密高断熱住宅ならではの特徴として全館空調システムの優位性を強調している提案があります。全館空調システムならば24時間温度管理を自動で行ってくれるので、フィルター清掃と交換だけというメンテナンス性の良さが特徴です。しかし、個別空調を全く導入しなくて良いのかという問題は、体感温度には個人差がある点を考慮して後から個別空調を追加できる余地を残しておくと良いです。全館空調システムは後から導入出来ないので、注文住宅メーカー選びを行う際には全館空調システムの有無が重要なポイントとなります。

間取りとは、建物の各部屋の配置をあらわしたもので、洋間と和室を区別したり、「2LDK」のように部屋数とリビング・ダイニング・キッチンのような表現方法もあります。