失敗しないポイント!札幌での賃貸物件の探し方


利用する不動産選びの見極めポイント

賃貸物件を探す上で必要不可欠となるのが不動産会社の利用です。しかし、一口に不動産会社と言っても札幌エリアには数多く存在するため迷ってしまう人も少なくありません。不動産会社選びで重要となる見極めのポイントはスタッフの人柄です。会社の規模によって若干の違いはあるとはいえ、取り扱っている物件の数については目に見えるほど大きな違いはありません。

そのため、強引に契約を進めたりせずにこちらの意見をしっかりと反映させてくれるなど、顧客目線で対応できる良心的なスタッフのいる会社を選択することが大切です。

生活に必要な周辺環境をしっかりと確認する

北海道の経済の中心に当たる札幌は敷地面積も広くエリアによって環境がガラリと変わるのが特徴の一つに挙げられます。実際に交通の利便性が良い場所もあれば、公共施設が少なく毎日の買い物などで生活をする上で不便に感じてしまう所もあるのが実情です。

物件探しをする場合には、家賃や間取りだけでなくこうした周辺環境について事前に確認をしておかなくてはいけません。

長期生活に最適なガスの選択

札幌を含めた北海道ならではの物件探しのポイントの一つにガスの選択があります。日本の中でも特に寒さが厳しい北海道は、暖房器具などの使用に必要なガスの使用量が他の地域に比べて多くなってしまうのは否めません。

北海道の賃貸物件で使用するガスは主に都市ガスとプロパンの2種類となっていて、一見するとどちらも同じように思われますが、使用した時の料金に大きな違いが出るので注意が必要です。そのため、少しでも費用を節約したいと考えるのであれば、都市ガスを使用している物件がおすすめとなります。

麻生の賃貸なら新着物件が多数あって、麻生駅の賃貸物件情報が豊富にあるところがいいです。ここなら、家賃や間取りといった、こだわり条件から賃貸住宅が探せます。

ブロードバンド物件なら住み始めてすぐに高速インターネットを使えるの?


回線がどこまできているのかによって違う

ブロードバンド物件と呼ばれるものは大きく分けて二つあります。まず、光ファイバーなどが建物内の設備まではきているものの、各部屋には配線されていないというものです。古くからある団地やアパート、マンションにはこうした物件が多く、回線会社に連絡をして契約を結び、自分の部屋に配線してもらうことでブロードバンドを利用できるようになります。使えるようになるまで多少手間と時間がかかりますが、ゼロの状態から光ファイバーを引き込むよりははるかに短時間で済みます。

次に、光ファイバーやケーブルテレビの回線が各部屋に配線されていて、プロバイダにも建物全体で加入しており、回線料とプロバイダ料が家賃に含まれるという物件です。こうしたところであれば、住み始めた時点でブロードバンドを利用できるようになるので、すぐにでもネットを使いたいという人にとってはとても便利でしょう。ただ、回線とプロバイダを選ぶことができないので、こだわりがあるなら個人で契約しなければなりません。

ブロードバンド未対応の物件でも

では、ブロードバンド対応となっていない物件では、ネットの高速回線は利用できないのでしょうか。これは、必ずしもそうとは限りません。場所にもよりますが、光ファイバーは日本の多くの地域をカバーしているので、対応している地域に住んでいれば、個人的に回線会社と契約して自室にピンポイントで光ファイバーを引き込む、あるいは建物のオーナーを説得して回線を引き込んでもらうことも可能です。

桑園の賃貸マンションで、賃料6万円で間取り3LDKを希望するなら、札沼線桑園駅から徒歩圏内で物件が見つかります。

マンション購入の際に決め手となる便利な設備


共用部にあったらいい便利な設備

マンションの共用部で便利な設備を3つご紹介します。まず、不在時に便利な宅配ボックスです。仕事で日中、留守にしていても再配達の依頼をすることがないので大変便利です。とくに一人暮らしのサラリーマンやOLにとって魅力的な設備ではないでしょうか。次に、24時間ゴミ出し可能なゴミステーション。燃えるごみは家の中に置いておくと臭いので、できるだけ早くゴミ出ししたいものです。綺麗好きな人にとっては欠かせない設備かもしれません。最後に、セキュリティ面からオートロックも外せません。オートロックがあれば不審者の侵入や煩わしいセールスを防止することができ安心して暮らせます。あわせてエントランスやエレベーターなどに防犯カメラも設置されていればセキュリティ対策は万全です。

魅力的なお部屋の設備

お部屋に便利な設備についてもみていきましょう。間取りや世帯によっても変わってきますが、バストイレ別、フローリング、バルコニーについては、できれば標準仕様であるマンションを購入したいところです。お部屋を有効利用するために収納スペースの有無にもこだわりたいですね。高級マンションになると、温水洗浄便座や独立洗面台、オートバス、システムキッチンなどのワンランク上の設備があるかどうかがポイントになってきます。温水洗浄便座やオートバスは一度体験してしまうと無くてはならないアイテムという方もいるほどです。インターネットやケーブルテレビが無料で利用できるかどうかも見逃せません。ネットサーフィンや映画鑑賞が趣味な方にはありがたい設備です。

柏から上野まで常磐線快速30分、さらに上野東京ラインで横浜方面までも1本で行ける通勤・通学に便利な柏のマンションが注目です。

賃貸物件を探す時に大事な事は?知っておきたい知識


初めに不動産屋のホームページで物件探し

賃貸住宅を探す時に大事な事は、初めに不動産屋のホームページで部件探しをする事です。今では、不動産屋の多くが自社のホームページを開設しており、取り扱っている物件情報を多く紹介しています。複数の不動産屋のホームページで物件を見ると、自分が住みたい物件が見つかる可能性が高いのでホームページを活用して物件を探す事は大事です。

特に大手不動産屋は数多くの賃貸物件を取り扱っている事が多く、大手不動産屋はすべて見ていきます。もし、自分が少しでも気になった物件があれば、その物件を取り扱っている不動産屋に行って、担当者に詳しく物件について聞くようにします。ホームページの物件情報は部屋の中の写真や間取りなど詳しく紹介しているのでどのような部屋なのか把握しやすいです。

見学して気に入れば審査の申し込み

自分が住みたい物件を不動産屋のホームページで見つけることが出来れば、次に直接不動産屋に行って物件を見学します。多くの場合は、物件を見学することが可能です。物件を見学する事で、細かい部分まで確かめることが出来るので、必ず見学してから住むのか決断するようにします。もし、見学して住みたい意思が決定したら次は入居審査の申し込みをします。

ここで注意しておきたいのが、見学しないで住む物件を決めてしまうと後で後悔する可能性があるので必ず部屋の中を直接見る事です。写真や間取り図から想像した部屋とは違うこともあるので、自分が本当に住みたい物件かを見極めるためには見学することがかなり重要になります。見学出来ない場合は、その物件を諦めて他の部屋を探すのがお勧めです。

バスセンター前の賃貸物件は交通の便が良い事もあり充実しています。マンションタイプの物件が豊富で、高層タイプの物件も豊富です。

覚えておきましょう!賃貸物件選びで活用できる豆知識


内見は無料なので積極的に利用すべし

住み心地の良い最高の賃貸物件を選ぶためには、内見を積極的に利用するようにしましょう。内見は賃貸物件を写真や動画だけではなく、現地まで足を運んでチェックできる方法です。

間取りや設備、階数などを知るだけなら賃貸物件情報サイトを見たり、仲介会社に質問したりすればわかります。しかし、実際に自分の目で確認すると、印象がかなり変わる可能性があるので、賃貸物件情報を見て興味を持った場合は、すぐに内見させてもらうべきです。

じっくりと考えることは大切ですが、時間をかけ過ぎてしまうと先に契約されるリスクが高くなります。足を運んで確認すればイメージ通りだったり、異なる部分が多かったりなど、選びやすい状況を作れるでしょう。

賃貸物件情報サイトの更新日をチェック

賃貸物件情報サイトは自由にアクセスし、理想的な住まいを探すことができます。条件を設定可能なため、理想的な物件の情報だけをチェックすれば良いので効率的です。便利な賃貸物件情報サイトを利用する際は、最初に更新日をチェックしておくと良いです。

全てのサイトが毎日必ず物件の情報を更新しているわけではありません。週に1回や2回、決まった曜日に更新するサイトが多いです。新しい物件の情報を求めて毎日アクセスするよりは、必ず更新される日にチェックをした方が無駄な時間を使用せずに済むでしょう。

更新日を狙って情報をチェックすれば、人気の賃貸物件の空室を契約できるチャンスが多くなります。また、更新日に加えて更新される時間帯も把握しておけば、理想的な住まいを見つけやすくなります。

江別市は札幌までの通勤圏として発展してきました。江別市の賃貸の特徴として、マンションよりも戸建て賃貸が多く見つかります。

寒すぎる別荘地に冬季に行く際の注意点や対策


寒すぎる別荘地には要注意

別荘地とは海辺にある場合を除いて、大半の場合において標高が高い高原の中にあるのが特徴です。そんな中、標高が高すぎたり、地形などの事情により冬の気温が下がりやすい場所に別荘を建てるのはリスクがある事を知っておかねばなりません。具体的には、冬場の中でも一番寒い1月・2月において、朝の気温が下がりすぎると、トイレが使えなくなることがあります。そして、周囲の公衆トイレが使えればよいものの、高原地帯の公衆トイレの大半は冬季には閉鎖されてしまいます。また、厳冬期には水道管が凍結して水が出ないような事も起こりうるほか、最悪の場合は水道管の破裂も起こり、破裂が起きてしまったら業者を呼んで修理をしてもらわなくてはなりません。

冬場に寒い別荘地に足を運ぶ場合

冬場の土日に別荘にやってきた場合、トイレが使えない・水が出ない・水が出ないのでお風呂にも入れない、という状況が起こり、大変な思いをする可能性があります。そのため、厳冬期にトイレや水道が使えなくなるような寒冷地には別荘地には別荘を建てないのが一番の得策です。しかし、何も知らずに別荘を建ててしまった場合は、冬に別荘に行く場合は携帯トイレを持参したり、たくさんの水をタンクに入れてもらっていく事が大事です。そこまですれば、厳冬期でも別荘ライフを楽しめるでしょう。ちなみに関東近郊の要注意エリアは、山中湖・河口湖周辺の別荘地です。この辺りは緯度の高い地域ではないものの、冬に富士山に四方から当たる風の中で富士山を超えられなかった冷気が地上に充満するため、冬には相当気温が下がります。

北杜市 不動産なら、土地や中古物件を探せて、信頼と実績があり、 八ヶ岳での暮らしが実感できる不動産会社を選ぶことが大切です。